業績(2014年)

著書

No 著者名 題目 著書名,巻,号,頁 発行社,発行地 発行年
1 原英夫 新規治療薬開発の展望-免疫療法を中心に 最新医学別冊 ABC22 アルツハイマー病 最新医学社 2014
2 原英夫 膠原病に伴う神経障害 神経内科研修ノート 診断と治療社 2014

原著論文

No 著者名 題目 著書名,巻,号,頁 発行年
1 ○Nakahara Y, Kawashima M,Matsushima T, Kouguchi M,Takase Y, Nanri Y, Yakusiji Y. Microvascular decompression surgeryfor vertebral artery compression ofthe medulla oblongata: 3 cases withrespiratory failure and/or dysphagia. World Neurosurg. 82: 535.e11-16. 2014
2 Yakushiji Y, Horikawa E,Eriguchi M, Nanri Y, NishiharaM, Hirotsu T, Hara H. Norms of the Mini-Mental stateExamination for Japanese subjectsthat underwentcomprehensive brian examinations:the Kashima Scan Study. Intern Med. 53: 2447-2453. 2014
3 Yakushiji Y, Charidimou A,Hara M, Noguchi T, NishiharaM, Eriguchi M, Nanri Y,Nishiyama M, Werring DJ,Hara H. Topography and associations ofperivascular spaces in healthy adults:the Kashima scan study. Neurology. 83:2116-2123. 2014
4 Yakushiji Y, Noguchi T,Charidimou A, Eriguchi M,Nishihara M, Hara M, Nanri Y,Horikawa E, Nishiyama M,Werring DJ, Hara H. Basal Ganglia Cerebral Microbleedsand Global Cognitive Function: TheKashima Scan Study. J Stroke Cerebrovasc Dis.2014 Dec 13. [Epub ahead ofprint] 2014
5 Tabata E, Yasaka M,Wakugawa Y, Okada Y. Recombinant tissue-typeplasminogenactivator (rt-PA) therapy in an acutestroke patient taking dabigatranetexilate:a case report and literature review. Intern Med. 2014;53(14):1515-7. 2014

総説

No 著者名 題目 著書名,巻,号,頁 発行年
1 原英夫 根本的治療;今までの軌跡と未来への展望 認知神経科学 16;61-66 2014
2 原英夫 Alzheimer病の免疫治療-最近の動向- 神経内科 80;371-375 2014

学会発表

1.国際規模の学会

No 発表者 題目 学会(会議等)名 開催年月日 抄録掲載誌
,巻,号,頁
1 Hideo Hara, Takeshi Tabira Regulation of amyloid precursorprotein expression bytetratricopeptide repeat protein 2(Tpr2) Alzheimer’s AssociationInternational Conference 2014 2014,7,12-17 AAIC2014
2 Yakushiji Y, Charidimou A,Werring D.J, Noguchi T,Nishihara M, Nanri Y, EriguchiM, Nakajima J, Hara H Topography of enlarged PerivascularSpaces and Cerebral Microbleedsin adults without neurologicaldisorder - the population-basedKashima Scan Study - The 23rd European StrokeConference. 2014,5,6-9  
3 Yakushiji Y, Charidimou A,Hara M, Noguchi T, NishiharaM, Eriguchi M, Nanri Y, MD,Nishiyama M, Werring D.J.,Hara H Topography of perivascular spaces inneurologically healthy adults: theKashima scan study 4th International CAAConference. 2014,1,17-20  
4 M Eriguchi, M.Yukitake,T.Oka, Y.Shigematu, H.Sugie,I.Nishino, K.Murayama, H.Hara Adult case with isolated complex IIIdeficiency of the mitochondrialrespiratory chain presenting acuteencephalopathy Joint congress of European Neurology 2014.6.2  
5 Natsuki Ono  Emi TabataMasahide YazakiChikahiko Numakura KiyoshiHayasakaMotohiro Yukitake HideoHara Successfully Treated with Medium-Chain- Joint Congress of EuropeanNeurology 2014/5/31
~2014/6/3
 

2.国内全国規模の学会

No 発表者 題目 学会(会議等)名 開催年月日 抄録掲載誌
,巻,号,頁
1 Hideo Hara Overview of disease modifyingtherapy trials for Alzheimer’sdisease. 第55回日本神経学会学術大会 2014,5,21-24 臨床神経学
2 原英夫 アルツハイマー病の病態と免疫治療 第19回認知神経科学会学術集会 2014,7,26-27 認知神経科学
3 江里口誠、南里悠介、薬師寺祐介、原英夫 脳梗塞発症に関連した頸動脈超音波検査所見の経時的変化を追えた高安病の一例 日本脳卒中学会総会 2014.3  
4 溝口惠、江里口誠、前田香織、皆良田貴之、南里悠介、田中淳、薬師寺祐介、浅見豊子、原英夫 嚥下内視鏡検査と摂食嚥下療法が急性期脳卒中患者にもたらす影響 日本脳卒中学会総会 2014.3.  
5 井手俊宏、江里口誠、緒方敦之、松島俊夫、原英夫 急性期脳梗塞に対しブリッジング療法を行った症例のSVSの有無と予後との検討 第55回日本神経学会総会 2014.5.21~24  
6 溝口惠、浅見豊子、南里悠介 がんのリハビリテーションにおける諸問題とそれらに対するアプローチ ~悪性リンパ腫骨転移後病的骨折例を通して~ 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 2014/6/5-7  
7 南里悠介、溝口惠、浅見豊子 当院における脳卒中後上肢痙性麻痺に対するアプローチ~磁気刺激・BTX・装具3者併用療法~ 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会 2014.6.6 名古屋 第51回日本リハビリテーション医学会学術集会抄録集S332(リハビリテーション医学vol51suppl2014S332)
8 南里悠介、浅見豊子、※山之内直也 当院における脳卒中後上肢痙性麻痺に対するアプローチ~磁気刺激・BTX・装具3者併用療法の2年間の経過報告~ 第30回日本義肢装具学会学術大会 (※座長推薦論文に採択された。) 2014.10.19 岡山 日本義肢装具学会誌30巻特別号、p200

3.地方規模の学会

No 発表者 題目 学会(会議等)名 開催年月日 抄録掲載誌
,巻,号,頁
1 ○松尾絵美、井手俊宏、田畑絵美、森法道、溝口惠、小杉雅史、江里口誠、藥師寺祐介、原英夫 頸椎症と鑑別を要した 背髄サルコイドーシスの1例 第208回日本神経学会九州地方会 2014,12,20  
2 ○永江航、南里悠介、※山之内直也、浅見豊子、○溝口惠 当院における急性期脳梗塞患者に対するリハビリテーションシステムについて 日本リハビリテーション医学会九州地方会 2014.9.14  
3 森法道、小野南月、江里口誠、堀川悦夫、原英夫 若年性の視覚的認知障害を示した一例 日本神経学会九州地方会 2014.9.20  
4 岩﨑めぐみ、田畑絵美、井手俊宏、小野南月、小杉雅史、江里口誠、雪竹基弘、原英夫 CIDPと鑑別が困難であったPOEMs症候群の1例 第206回日本神経学会九州地方会 2014/3/22  
5 西田一輝、井手俊宏、田畑絵美、森法道、溝口恵、小杉雅史、江里口誠、原英夫 DaTスキャンによる評価を行ったEPM/CPMの1例 第207回日本神経学会九州地方会 2014/6/28  
6 松尾絵美、井手俊宏、田畑絵美、森法道、溝口惠、小杉雅史、江里口誠、藥師寺祐介、原英夫 頸椎症と鑑別を要した 背髄サルコイドーシスの1例 第208回日本神経学会九州地方会 2014/12/20  
7 森法道、小野南月、江里口誠、堀川悦夫、原英夫 若年性の視覚的認知障害を示した一例 日本神経学会九州地方会 2014.9.20 臨床神経,55:134-142,2015
8 溝口惠、浅見豊子、南里悠介、田口雅也、琴浦健二、山之内直也、有薗洋一 著明な肘関節拘縮を伴う左前腕切断例に対する筋電義手導入の経験 第35回日本リハビリテーション医学会九州地方会 2014/2/2  

4.その他の学会

No 発表者 題目 学会(会議等)名 開催年月日 抄録掲載誌
,巻,号,頁
1 薬師寺祐介 新たなる脳血管障害の治療戦略 -脳小血管病を見て予防を考える- 第13回佐賀県脳卒中予防を考える会 2014,9,17  
2 薬師寺祐介 ここまで来た! 脳卒中の治療 - 予防と予兆が鍵握る - 第8回佐賀県脳卒中市民公開講座 2014,11,9  
3 薬師寺祐介 脳梗塞超急性期 血栓溶解療法 -佐賀大学附属病院における脳梗塞超急性期血栓溶解療法への取り組み- 福岡山王病院 院内講習会 2014,12,8  
4 ○美奈川 紘、溝口惠、小杉雅史、藥師寺祐介、原英夫 超急性期に脳底動脈先端症候群と間違えた前大脳動脈領域梗塞の一例 第3回九州脳卒中カンファレンス 2014,12,19  
5 溝口恵 DaT Scanを用いたパーキンソン病・類縁疾患の診断 ハッピーフェイスセミナー in 佐賀 2014/11/13  
Page Top