認知症診療について

 急速な高齢化社会を迎えつつある日本では、65歳以上の老人の約10数%が老年期認知症であると報告されています。統計では認知症患者は2012年には400万人に達すると予想されています。特にアルツハイマー病は、認知症疾患の原因の1つであり約50%を占め、介護問題も含め社会的な問題となっています。
「物忘れ外来」では、認知症の初期診断、治療、介護の相談など総合的なケアを行います。
 短期入院も含め、検査、治療方針を決めます。毎週月、水曜日午後、物忘れ外来で診察します。
 完全予約制のため、受診を希望される場合は、かかりつけの医師の紹介を通して下記に連絡して下さい。

 文責 原 英夫

認知症診療について

佐賀大学医学部附属病院認知症疾患医療センター
 コーディネーター
  電話:0952-34-3838 (直通)
佐賀大学医学部附属病院地域医療連携室
  電話:0952-34-3482


Page Top