国立循環器病研究センターへの国内留学

 平成23年度卒業の井手です。私は佐賀大学を卒業後に聖マリア病院・佐賀大学病院で初期研修を行った後、佐賀大学神経内科に入局しました。入局後2年間は佐賀大学病院で働き、脳卒中や認知症、パーキンソン病やALSなど様々な神経疾患の患者さんの診療に携わらせて頂きました。平成27年4月からは脳卒中について修行するために大阪府吹田市にある国立循環器病研究センター病院脳血管内科にレジデントとして国内留学しております。国立循環器病研究センター病院は全国各地から脳卒中の研鑽のためにレジデント・専門修練医が数多く集まっています。大阪に移り住み、最初は右も左も分からない中でレジデント生活がスタートしましたが、4か月が過ぎセンター生活にも日常生活にも少しずつ慣れてきているところです。スタッフの先生がたの知識と臨床経験に裏付けられた迅速かつ適切な判断は圧巻で、自分の未熟さを思い知らされる日々です。しかし生き字引の先生がたに分からないことは何でも尋ねることが出来る恵まれた環境で、レジデントの同期や先輩と刺激し合いながら充実した研修を送っております。

脳血管内科・脳神経内科井手俊宏

 最後になりましたが決して医局員が多くはない中で、国内留学を許可して下さった原教授に深謝致します。佐賀に帰った際には少しでも佐賀の脳卒中診療に貢献できるよう、しっかりと修行していきたいと考えております。

 井手俊宏


Page Top